世帯主の生命保険

多くの人が生命保険が必要としますが、その中でも特に加入すべき人として考えられるのが世帯主の人です。世帯主を失うと、そのあとの生活費、子供の教育資金といったものについても保険金で賄う必要があるためにかなりまとまった金額を検討する人が多くいます。確かにお金はどれだけあっても困らないので、多く保険金を受け取れるようにしたいと考えがちです。しかし、受け取る保険金が多くなれば月々の保険料も高くなりますから、必要以上に受け取るようにすることは避けるべきです。

保険金をしっかり受け取らないと生活ができないと思われがちですが、決してそのようなことはありません。生命保険以外にも受け取れる保障が幾つかあり、特に世帯主が亡くなった場合には受けられるものが複数あるのです。例えば、遺族年金制度によって、世帯主の職業や家族構成によって受け取れる金額は異なりますから、この金額で不足する分を生命保険から賄うことが必要です。

また、持ち家を購入していてそのローンを支払う場合には団体信用生命保険に加入しています。これは、ローン契約者が死亡した場合にはローンの支払いが免除されるという仕組みです。そのため、持ち家を購入してローン支払い中であればその後の支払いが免除されますから住宅費についても考える必要は無くなります。また、会社員の場合には会社によっては遺族に給付金や死亡退職金が支払われます。これについても会社によってルールが異なるので自分で調べてその額を計算した上で保険料を計算することが必要となります。