その他保険が必要な人

独身の人なのに、生命保険は必要かと悩む人もいるものです。確かに独身の場合には保険料を残す相手がいない為高額の保険をかける必要はないものです。そして、社会人として働き始めて間もない場合には保険料の支払いが厳しいということもあります。そのような独身で若い人で保険に加入する場合には、医療保障に比重を置いて死亡保障は葬儀費用程度にしておくことがお勧めです。また、この考え方は専業主婦の人にも当てはまります。

また、子供の生命保険についても加入の必要があるのか悩むものです。子供が亡くなった場合、精神的なショックは大きいですが経済的面のみで考えると損失はないものです。そこで加入自体の必要はないと考えることができますが、早いうちから加入しておくと大人になって加入するよりも保険料を割安にすることができる点、進学費用のようにまとまったお金が必要な時に解約すれば、必要なお金の補填ができる、万が一の時の葬儀費用の準備になるといったことが加入することでのメリットとしてあります。日頃からの貯蓄が難しい人には貯蓄目的の一つとして生命保険を活用するという方法もあるのです。

もちろん、万が一の時のために加入するのが保険ですが、加入の必要がないという人もいます。生命保険を受け取らなくても十分なくらい貯蓄があったり、生命保険以外に受ける保障で十分であったりするならば生命保険に加入する必要はないと考えることもできますが、しっかりシミュレーションした上で判断することが重要です。