その他保険が必要な人

独身の人なのに、生命保険は必要かと悩む人もいるものです。確かに独身の場合には保険料を残す相手がいない為高額の保険をかける必要はないものです。そして、社会人として働き始めて間もない場合には保険料の支払いが厳しいということもあります。そのような独身で若い人で保険に加入する場合には、医療保障に比重を置いて死亡保障は葬儀費用程度にしておくことがお勧めです。また、この考え方は専業主婦の人にも当てはまります。

また、子供の生命保険についても加入の必要があるのか悩むものです。子供が亡くなった場合、精神的なショックは大きいですが経済的面のみで考えると損失はないものです。そこで加入自体の必要はないと考えることができますが、早いうちから加入しておくと大人になって加入するよりも保険料を割安にすることができる点、進学費用のようにまとまったお金が必要な時に解約すれば、必要なお金の補填ができる、万が一の時の葬儀費用の準備になるといったことが加入することでのメリットとしてあります。日頃からの貯蓄が難しい人には貯蓄目的の一つとして生命保険を活用するという方法もあるのです。

もちろん、万が一の時のために加入するのが保険ですが、加入の必要がないという人もいます。生命保険を受け取らなくても十分なくらい貯蓄があったり、生命保険以外に受ける保障で十分であったりするならば生命保険に加入する必要はないと考えることもできますが、しっかりシミュレーションした上で判断することが重要です。

世帯主の生命保険

多くの人が生命保険が必要としますが、その中でも特に加入すべき人として考えられるのが世帯主の人です。世帯主を失うと、そのあとの生活費、子供の教育資金といったものについても保険金で賄う必要があるためにかなりまとまった金額を検討する人が多くいます。確かにお金はどれだけあっても困らないので、多く保険金を受け取れるようにしたいと考えがちです。しかし、受け取る保険金が多くなれば月々の保険料も高くなりますから、必要以上に受け取るようにすることは避けるべきです。

保険金をしっかり受け取らないと生活ができないと思われがちですが、決してそのようなことはありません。生命保険以外にも受け取れる保障が幾つかあり、特に世帯主が亡くなった場合には受けられるものが複数あるのです。例えば、遺族年金制度によって、世帯主の職業や家族構成によって受け取れる金額は異なりますから、この金額で不足する分を生命保険から賄うことが必要です。

また、持ち家を購入していてそのローンを支払う場合には団体信用生命保険に加入しています。これは、ローン契約者が死亡した場合にはローンの支払いが免除されるという仕組みです。そのため、持ち家を購入してローン支払い中であればその後の支払いが免除されますから住宅費についても考える必要は無くなります。また、会社員の場合には会社によっては遺族に給付金や死亡退職金が支払われます。これについても会社によってルールが異なるので自分で調べてその額を計算した上で保険料を計算することが必要となります。

生命保険とは

世の中には多くの保険がありますが、生命保険はその中でも特に加入しておくことが必要な保険であるとされています。一昔前までは、多くの人が保険の外交員をしている知人に勧められたままにその保険に加入するのが当たり前でした。しかし、最近は保険会社の数が増えたこと、そしてその中には代理店型だけでなく通販型のものもあり自分で情報収集が必要になったこと、インターネットの普及によって口コミのように自分で集められる情報も増えたこと、多くの人が様々な面で自分で選択をすることが当たり前になってきたこと、節約の観点から保険の見直しをする人が増えたこと、などから保険の見直しをしたり自分で保険の契約をしたりするようになってきました。

月々の保険料や、万が一の時の保障の面で損をしないためには自分でしっかりと保険についての情報を入手して様々な保険の中から自分に合ったものを選ばなければなりません。生命保険を選ぶには、その人に合ったものを選ぶことがとても重要です。合ったものを選ぶためには、その人の家族構成、生活環境など様々なことから総合的に判断することが大切です。

そのため、利用している人の特徴を知ることで自分と似た状況の人が選んでいる保険を知ることができ参考にすることができます。そこで、ここでは生命保険を利用している人の特徴とそれに応じて選ぶべき保険、必要な保障内容について紹介をしていきます。ぜひ自分に似た状況の人の加入状況を参考にして自分に合う保険を探してみましょう。

参考サイト・・・http://www.hokengate.jp/
生命保険についてプロに無料で相談ができる『保険ゲート』